MyWorldGo Keep your vagina strong by exercising regularly

Blog Information

  • Posted By : sgs sdhsuh
  • Posted On : Dec 01, 2023
  • Views : 26
  • Category : General
  • Description : 膣の筋肉を引き締めるために女性は具体的に何をすればよいのでしょうか?

Overview

  • 定期的に運動して膣をしっかりと保つ

    答えは簡単です。動き続けること、特に意識的に筋肉を収縮させることです。女性の下半身の筋肉は膣だけでなく、骨盤、お尻、太ももなども重要です。骨盤、お尻、太ももの筋肉を強化すると、下半身の硬さを大幅に改善できます。 ここでは、推奨される 5 つの古典的な運動方法を紹介します。

    (1)、立ち体操

    クリトリス吸引で太ももと臀部の筋肉をコントロールし、筋肉をゆっくりと締めたり縮めたりするプロセスを約 5 秒間保持し、その後ゆっくりと筋肉を緩め、再び締めます。 これを10分間繰り返します。

    (2)、肛門締めと気を高める体操

    アダルトグッズで肛門を収縮させ、これを100回以上繰り返します。毎朝と夕方、新鮮な空気の場所で深呼吸してから息を止めてください。一定期間のトレーニングの後、骨盤の筋肉の緊張は大幅に改善されます。 このエクササイズを実践すると、骨盤の筋肉が強化され、膣が締まります。

    (3) うつ伏せ運動

    ベッドに横になり、リモコンバイブでお尻と足を地面につけずにベッドから出します。足を揃えて膝を伸ばし、ゆっくりとリズミカルに上げ、徐々に上半身に近づけていきます 自分の限界に達したら、ゆっくりと足を下ろします。これで一連のステップが完了します。一連の動作を繰り返してください。 このエクササイズはお尻と骨盤の筋肉を強化します。

    (4) 肛門収縮運動

    毎朝と夕方、新鮮な空気の場所で深呼吸してから息を止めてください。 同時に、排便や排尿を我慢するように肛門を収縮させ、これを100回以上繰り返します。 慣れれば日常生活でもできるので、何度やっても大丈夫ですので、時間のあるときにいつでも上記の練習を行ってください。

    まとめ

    一定期間トレーニングを続けると、骨盤の筋肉の緊張が大幅に改善され、膣周りの筋肉がふっくらと強くなります。